グラスイン神戸

Lesson 工芸教室

気軽な体験から本格的な作品作りまで様々な教室を展開。ガラスを通して、より豊かな感性を磨きませんか?

光を受けて輝くガラスの美しさ。 切子細工で知られる「カット」、ガラスに砂を吹き付けて図柄を浮き立たせる「サンドブラスト」、 色ガラスをバーナーで溶かし細工をする「バーナーワーク」、それぞれの手法で制作します。 下記3コースのうちいずれかを選び、初回希望日・時間をお申し出下さい。 ※1日体験も随時受付ております。

教室の詳しいご案内はこちらから

アメリカで1870年頃、住宅の窓ガラスが砂塵に腐食されて、いつの間にか曇り、金網をかぶせてあった部分だけに網模様がついていたのが、発明の動機だと言われています。 これを応用してガラス表面に保護膜を貼り、文様模様を切り取り、金剛砂を露出した面に吹き付けます。それによってガラス面が削れ、砂の粒度、空気圧、当てる角度によって彫刻をコントロールすることが可能です。

サンドブラストイメージ写真

コールドテクニックによる装飾として代表的な技法で、日本では「切り子」として良く知られています。ガラス器の表面を各種のグラインダーで削り、幾何学的なパターンを彫り込む技法で、本来カットは無色透明な高質ガラスにキラキラとした宝石のような輝きを作り出す事にその特性がありました。紀元前よりそれぞれの時代、民族性を反映させてカットグラスが作り出され、我が国では江戸中期に大阪で始められ、やがて江戸に伝わり、江戸切子を発達させ、幕末に薩摩藩に伝わり高い水準の薩摩切子を生み出しました。

カットイメージ写真

色ガラスをブンゼンバーナーや簡易バーナーを使用して、様々な細工をするものです。バーナーの炎でガラスを溶かしながら「理化学器機」や「トンボ玉」、小さなアクセサリー等を造形できるので吹きガラスの小型版と言われています。基本的にはガラスの粘性、溶着性を利用した細工法です。

バーナーワークイメージ写真

教室のご案内 お申込みはお問い合わせフォームから

講座

講座は、原則として一ヶ月2回で、自分の都合の良い日を指定出来ます。(定員に達した場合は、曜日を変更させていただきます。)

開催日 火曜日・金曜日 以外
時 間 (A)10:00~12:30  (B)13:30~16:00
コース

【カット】
 グラインダーでガラスの表面をカットして装飾文様を刻み出す技法。(グラス、皿など)

【サンドブラスト】
 圧搾空気の圧力でガラスに砂を吹き付けて図柄を浮き立たせる技法。
 すりガラスと透明ガラスの織り成す文様が魅力。(グラス、ぐい呑みなど)

【バーナーワーク】
 バーナーを使ってガラス棒を溶かし細工する技法。(アクセサリー、小動物、トンボ玉、箸置など)

受講資格

どなたでも受講出来ますが講座の性格上、お断りする場合もあります。(例:小学低学年)

受講期日

一ヶ月単位でカリキュラムが組まれているので随時可能です。

入会金

5,000円で、有効期間は、3年間です。入会なされるとスタジオグラスイン神戸の全ての催しや行事に参加出来、ガラスの情報を得る事が出来ます。
※会員証は、表記御本人以外は使用出来ません。
※納められた入会金は、お返しできません。
※万一本証紛失の際は、再発行致します。

入会・受講の手続き

所定の申込書に必要事項を記入の上、以下を添えてお申し込み下さい。

(1)入会金(5,000円)
(2)受講料(月10,000円(2回分))
(3)教材費(講座によって異なります)

手続きと同時に会員証、受講票、教材をお渡し致します。
受講当日でも受付けますが、最初の講座に御用意頂くものもございますので、あらかじめお問い合わせ下さい。

受講料・材料費

・受講料は、一ヶ月単位で前納となっています。
・受講料は他の月への振替は、出来ません。
・材料費は、講座の内容によって異なります。
・講座が、進むにつれて材料費も変わって来ますが、その都度現金にて購入して下さい。
・納入された受講料、材料費はお返し致しません。

受講に際しての注意事項

※各講座とも必要な用具は、備えてあります。各自使用の道具類、材料は教室指定のものを販売しています。
※教室内での撮影および録音は、原則としてお断りしています。
※ガラスを取り扱いますので、常に行動は慎重にして下さい。
※ガス・電気工具・機器・刃物・薬品・熱具類などを使用するときは取り扱いに十分気をつけてください。